髪ケア

白髪が増えないようにしたいけど、白髪の予防ってできるの?

白髪の予防ってできますか?

ドンキ
ドンキ
キンカメ先生、白髪の予防方法ってありますか?
キンカメ先生
キンカメ先生
うーん、難しい問題ですね。
こうすれば絶対大丈夫ですよ、というものはないと思います。
爪や歯のように白髪には直接アプローチできないですからね。
ドンキ
ドンキ
生活習慣や食事の見直し、またストレスを受けない工夫をしたりして、自分自身で気をつけていくしかないんですね。
キンカメ先生
キンカメ先生
現時点では、そういうことですね。
レイアー先輩
レイアー先輩
ちょっとちょっと、健康番組風になってますけど。
ドンキ
ドンキ
キンカメ先生、今日はありがとうございました。
明日は競走馬にとってとても恐ろしい病気「屈腱炎」についてお話をいただく予定です。
それではみなさま、さようなら。
レイアー先輩
レイアー先輩
行かないで~(TдT)
生活習慣と食事の勉強をしますから~

生活の見直しでできる白髪予防

食生活の見直し

バランスのとれた食事で白髪予防になる栄養素を取り入れましょう。

白髪予防になる栄養素

タンパク質

髪は主にタンパク質で出来ています。
タンパク質が分解されて、髪に色を付ける原料としてケラチンやチロシンのアミノ酸が生成されます。
肉、大豆、魚、卵、牛乳など

カルシウム

色素細胞メラノサイトの機能低下を抑制します。
牛乳、チーズ、大豆、わかめ、ひじき、小魚など

メラニン色素の原料になるチロシンが豊富です。
牛レバー、イカ、桜えび、干しえび、ごま、海藻類、豆類など

亜鉛

新陳代謝を助け、アミノ酸を結び合わせる栄養素です。
※ただし亜鉛の取りすぎは良くないです。
牡蠣、ウナギ、チーズ、卵黄、アーモンド、納豆など

血液に栄養素が含まれて全身にまわります。血流不足だと髪が育ちません。
赤身肉、ひじき、豚・鶏レバー、イワシなど

ビタミンC

ビタミンCはコラーゲン生成に関わります。水溶性なのでこまめに摂取しましょう。
レモン、アセロラ、キウイフルーツ、赤ピーマンなど

ビオチン(ビタミンH、ビタミンB7)

髪だけでなく、爪や皮膚にも影響がある栄養素です。
アレルギー反応による脱毛の予防にもなります。
まいたけ、落花生、しろきくらげ、鶏レバーなど

血液をサラサラにします。
水分が不足すると、血液も固まりやすくなります

レイアー先輩
レイアー先輩
全部やないかーい!
ドンキ
ドンキ
そういうことですね。
いろいろな食品をバランス良く!体をつくる基本です。

取りすぎると髪によくない物

取りすぎると良くないものは、炭水化物、脂質、塩分です。
ラーメンなどが代表的なメニューです。
取りすぎは注意しましょう。

生活の見直し

運動や睡眠はストレス発散にも繋がります。
食生活だけでなく生活習慣の見直しも白髪は予防になります。

運動

血流をよくするために有酸素運動がいいです。
有酸素運動は、肺から取り込んだ酸素を血液に乗せて全身にめぐらせます。
これにより毛細血管が活発になって酸素と栄養素、老廃物の運搬が潤滑に行われます。
毛細血管には、血流がよくなることでその数が増えるという特徴があります。
体の末端である頭皮にも血液が回るようになり、髪の成長や白髪の予防につながります。

有酸素運動にはウォーキング、ジョギング、水泳、サイクリングなどあります。
しかしやり方によっては、疲労が溜まったり、呼吸が上がったりしてしまう無酸素運動に近い状態になってしまいます。
そこでおすすめなのが、ラジオ体操です。
ラジオ体操は全身の運動になりますし、腕を回すことで肩コリの改善にもつながります。
肩コリによる血行不良は髪のためにとても良くないことです。
健康維持にもなりますので、ぜひラジオ体操を取り入れましょう。

睡眠

良質な睡眠は髪の成長にとても大切です。
体の中で絶え間なく続いている新陳代謝ですが、髪を作る毛包幹細胞と色素幹細胞も例外ではありません。
細胞の生まれ変わりが活発になるのは22時~2時の間と言われています。
その間に睡眠が取れているかどうかが髪の成長には重要なことです。
睡眠によって成長ホルモンの分泌を促し、細胞が新しく生まれ変わるからです。
質の良い十分な睡眠が、毛包幹細胞を成長させ、色素幹細胞からメラニンが生成されるのです。

髪を乾かす&乾かし方に注意

髪を乾かす

自然乾燥は髪のために良くないです。
髪が濡れている間はキューティクルが開いた状態で、キューティクルの間から水分がどんどん蒸発しています。
そうなると髪のツヤがなくなってしまうのです。
また頭皮に雑菌が繁殖しやすい状態が続き、頭皮が臭くなったり、炎症などを起こす場合もあります。
何よりも、濡れたままでいると頭皮が冷えてきて血行が悪くなります。
そうなるとメラノサイトの働きが阻害されて、結果白髪になりやすくなります。

乾かし方には気をつけて

頭皮は顔や体の皮膚より4倍近くも厚くなっているため、熱風を当てすぎてもあまり熱さを感じません。
ですから頭皮が熱いと感じるくらいドライヤーをかけている人は、かなりの熱が頭皮に触れていることになります。
熱が頭皮に当たっていると、当然頭皮は乾燥をして血行が悪くなります。
血行が悪くなるとメラノサイトの働きが阻害されて、結果白髪になりやすくなります。

ドライヤーは髪の毛から20cmくらい離して熱風を当ててください。
その時に根元の方を乾かす感覚で熱風を当てれば自然に髪も乾きます。
そして最後は冷風に切り替えて髪を整えてください。
冷風を当てることで髪の表面のキューティクルがきれいに整います。

レイアー先輩
レイアー先輩
たくさん注意することがあって頭がいっぱいですけど、これで白髪がなくなるのなら頑張ります!
キンカメ先生
キンカメ先生
レイアーさん、今まで話してきたことはあくまで予防です。
白髪になりにくい髪づくり、という観点からの話です。
キンカメ先生
キンカメ先生
これをやれば白髪はできない!ということではないと理解しておいてくださいね。
レイアー先輩
レイアー先輩
はあい(・ε・)ムー
ドンキ
ドンキ
でもレイアー先輩、白髪予防のためにやっていることが、実は健康のためにもなっているから決して無駄なことではないんですよ。
頑張りましょう!
キンカメ先生
キンカメ先生
ドンキさん、ナイスフォロー!
ABOUT ME
ドンキ
2020年4月に60歳になりました。 若返りなど期待しませんが、せめて「現状維持」をと日々過ごしています。 体の手入れや健康維持のため自分が実践していること、役立ち情報などを発信していきたいと思ってます。